高齢者の鬱病(うつ病)

高齢者の鬱病(鬱病)』は、一般に若い人に比べ、重症化しやすいという特徴があります。 重症化すると、落ち着きがなくなり、食事もできなくなります。 妄想を抱くようになることもあります。さらに問題なのは、自殺する危険性が高くなることです。 高齢者の自殺の多くは、背景に鬱病(鬱病)があると、考えられています。
(*本文は下の方にあります)


高齢者の鬱病(うつ病)

■「高齢者の鬱病(鬱病)」とは?

他の世代より多く見られる。見逃されることも多い。

高齢者の鬱病(鬱病)は、他の世代に比べて多く、日本では高齢者の約8人に1人が、 治療が必要な程度の鬱病(鬱病)であるといわれています。 また、高齢者の鬱病(鬱病)で注意が必要なのは、自殺の危険性が高いということです。

高齢者に鬱病(鬱病)が多い原因として挙げられるのは、配偶者や友人など身近な人の死に直面する機会が増えることです。 身近な人との死別が大きなショックとなって心の張りが失われたり、孤独な生活となることで、 鬱病(鬱病)を発症することは少なくありません。 また、年をとると、一般的に体の不調を訴えることが多くなります。高血圧や糖尿病、心臓病などの病気や、 膝や腰の痛みなど、慢性的な病気を抱える人も急増します。こうした身体機能の衰えに対する不安も、 鬱病(鬱病)を招きやすいといえます。 さらに、高齢者の場合、すでに仕事を辞めている人が多く、若いころに比べると、収入も減ってきます。 こういった経済面での先行きの不安も、鬱病(鬱病)の発症につながることがあります。

高齢者の鬱病(鬱病)は、老化現象として放置されることが多いのが現状です。 鬱病(鬱病)のサインを見逃さず、早い段階で適切に対処することが大切です。