子供の(鬱病)うつ病

子供のうつ病では、イライラして怒りっぽくなる、過眠といった、大人のうつ病ではあまり見られない、子供に特有な症状が現れます。


子供の(鬱病)うつ病

■子供のうつ病の特徴

かつては子供にはうつ病はないと考えられていましたが、現在では、子供もうつ病になると考えられています。 ここでいう「子供」とは、一般に「6〜18歳」を指しています。12歳以降、特に13〜14歳になると、うつ病になる子供の数は急に増え、 発症率は大人と大差がなくなってきます。性格的な要因と環境的な要因が関係するのは、大人の場合と同じです。 ただ、子供のうつ病では、環境的な要因がより大きくなります。いじめなどの心理的につらい体験、あるいは育つ環境の問題が発症のきっかけとなる場合もあります。 うつ病の診断基準は大人も子供も同じですが、子供のうつ病に特有の症状として、イライラして怒りっぽくなる、過眠、過食の3つが挙げられます。 こういった子供に特有の症状があることを考慮して診断します。

●相談する場所

子供のうつ病を診断するのは困難なため、子供向けの児童思春期精神科を受診するのが理想です。 難しい場合は、まずかかりつけの小児科で相談することをお勧めします。 養護教諭スクールカウンセラーに相談するのもよいでしょう。 また、子供は表現が未発達なことがあるため、診断には学校や家族からの情報が必要になる場合もあります。 死について考えたり、自殺に関わる行動を起こしたりする場合は、早急に医療機関を受診してください。