子供の鬱病(うつ病)

子供の鬱病(うつ病)では、イライラして怒りっぽくなる、過眠といった、大人の鬱病(うつ病)ではあまり見られない、子供に特有な症状が現れます。


■子供の鬱病(うつ病)の特徴

かつては子供には鬱病(うつ病)はないと考えられていましたが、現在では、子供も鬱病(うつ病)になると考えられています。 ここでいう「子供」とは、一般に「6〜18歳」を指しています。12歳以降、特に13〜14歳になると、鬱病(うつ病)になる子供の数は急に増え、 発症率は大人と大差がなくなってきます。性格的な要因と環境的な要因が関係するのは、大人の場合と同じです。 ただ、子供のうつ病では、環境的な要因がより大きくなります。いじめなどの心理的につらい体験、あるいは育つ環境の問題が発症のきっかけとなる場合もあります。 鬱病(うつ病)の診断基準は大人も子供も同じですが、子供の鬱病(うつ病)に特有の症状として、イライラして怒りっぽくなる、過眠、過食の3つが挙げられます。 こういった子供に特有の症状があることを考慮して診断します。

●相談する場所

子供の鬱病(うつ病)を診断するのは困難なため、子供向けの児童思春期精神科を受診するのが理想です。 難しい場合は、まずかかりつけの小児科で相談することをお勧めします。 養護教諭スクールカウンセラーに相談するのもよいでしょう。 また、子供は表現が未発達なことがあるため、診断には学校や家族からの情報が必要になる場合もあります。 死について考えたり、自殺に関わる行動を起こしたりする場合は、早急に医療機関を受診してください。


■子供の鬱病の治療

●軽症の場合

本人や家族に病気の情報を伝える心理教育、家庭や学校で体を休めるようにする環境調整、 患者さんの気持ちを聞いて理解し共感する支持的介入、患者さんを見守る家族への支援が行われます。

●中等症・重症の場合

これらに加え、薬物療法や、考え方や行動を見直していく認知行動療法などの精神療法が行われる場合があります。 薬物療法に関しては、大人に有効な薬が子供には有効でない場合があるので、注意が必要です。 大人で有効な三環系・四環系抗鬱薬は、子供には効果がないことがわかっています。 一部のSSRIは海外で有効性が証明されていますが、日本では、子供に対して安全性と有効性が検証されていません。 薬を使う際のメリット・デメリットを担当医とよく相談しましょう。 また、24歳以下の人が抗鬱薬を使用した場合、自殺関連行動が増加することが明らかになっています。 この場合は、服用の中止を含めた速やかな対応が必要になります。すぐに担当医に相談してください。 大人では睡眠薬や気分安定薬を使うことがありますが、ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、成長段階にある子供には極力避けます。