椎間板ヘルニア

椎間板は、体を曲げるときなどに骨同士がこすれ合わないように衝撃を吸収するクッションの役割を担っています。 赤ちゃんの椎間板は水分が豊富で弾力性が高く、体がとても柔らかい。 しかし、加齢とともに弾力性が無くなり変形しやすくなります。 『椎間板ヘルニア』になると、椎間板が変形し神経を圧迫します。 背骨に負担をかける生活や椎間板の老化などが原因です。 椎間板ヘルニアは、飛び出した椎間板が神経を圧迫するため、腰の痛みや足の痺れが起こります。 前かがみになると痛みが出るのが特徴です。 椎間板ヘルニアを放置すると、腰痛や脚の痺れの他、排尿障害などの重い障害が現れて、日常生活に支障をきたすこともあります。 治療の基本は保存療法ですが、最近では体への負担が少ない方法での手術も行なわれ始めています。


■椎間板ヘルニアとは?

椎間板の髄核が飛び出して、神経を圧迫する病気

「椎間板」「脊柱」の椎骨と椎骨の間にある軟骨で、クッションの役割を果たしています。 椎間板は弾力に富んだ組織で、若い人では80%以上が水分ですが、20歳を過ぎる頃から老化が始まり、 水分が減って弾力が低下してきます。

椎間板の中心には「髄核」というゼリー状の組織があり、 その周りを「線維輪」というやや硬い組織が覆っています。 「ヘルニア」とは、「飛び出す」という意味ですが、その名前のとおり、 『椎間板ヘルニア』は、弾力性を失った椎間板に力仕事などで強い負荷がかかったり、 「お腹や背中などの筋力の低下」や「肥満」などで椎間板への負担が増えると、線維輪に亀裂が入り、 髄核が外側に飛び出して、神経が圧迫されたり炎症が起こったりして、痛みなどの症状が起こる病気です。

「椎間板ヘルニア」は、「膨隆・突出型」「脱出型」「穿破脱出型」「遊離脱出型」の4タイプに 分けられます。このうち、穿破脱出型と遊離脱出型は、髄核が椎間板の背中側にある靭帯を 突き破るもので、症状が強く出やすいという特徴があります。 靭帯を突き破って飛び出しているかどうかで治療法が異なってきます。 タイプは、エックス線検査ではわからないため、「MRI(磁気共鳴画像)検査」などが必要です。

「椎間板ヘルニア」は、人口の約1%が持つといわれる病気です。日本の人口に当てはめると、 100万人以上の患者がいると考えられます。何らかのきっかけがあれば、誰にでも起こる可能性のある病気だといえます。

●椎間板ヘルニアの症状

腰痛や坐骨神経痛などがある。排尿・排便障害が起こることも

椎間板ヘルニアの代表的症状が、「腰痛」と「坐骨神経痛」です。 坐骨神経痛とは、「坐骨神経」という長い神経に沿って起こる症状のことです。 脊柱を通る脊髄は、腰椎の辺りで細かい神経の束に枝分かれします。 この神経の束は、馬の尻尾に似ていることから「馬尾」と呼ばれます。 坐骨神経は、この馬尾から出る数本の神経が1つになったもので、お尻から太腿の裏側、ふくらはぎ、 かかと、足先へと伸びています。そのため、坐骨神経の根元が圧迫されると、腰から脚にかけて 痛みや痺れが起こります。

椎間板ヘルニアがさらに進行すると、「脚の筋力低下」や刺激に対する感覚が鈍くなる 「知覚障害」が現れることもあります。また、馬尾は膀胱や直腸の働きとも関係しているため、 障害が馬尾にまで及ぶと、「排尿障害や排便障害」が起こる場合があります。


●その他

【股関節との関係】
股関節が硬いと脚が開かず踏ん張れないので、その分骨盤で曲げようとして姿勢が悪くなり腰痛へとつながります。 対処法としては、股関節のストレッチなどをして股関節を柔らかくしておけば、腰への負担が減り、腰痛が緩和します。

【ギックリ腰】
ギックリ腰になるのは体幹の筋力、特に「腹筋や背筋が弱い」ことが原因と考えられます。 筋肉には「力を入れる筋肉」と「姿勢を長く保持する筋肉」があります。 筋肉は二重構造になっており、瞬発的な動きを行うのが通称「白筋」、 姿勢を保つために使われるのが通称「赤筋(インナーマッスル)」 赤筋は瞬発的な運動では鍛えづらく、「有酸素運動」や「ウォーキング」などが効果的です。 赤筋を鍛え姿勢を安定させれば、腰への負担が減り、腰痛が緩和します